AbemaTV「格闘代理戦争 3rdシーズン」準決勝。平田樹、MIOを絞め落とす。古瀬美月、下馬評覆しあいを撃破。12/29(土)の決勝はマッハ×青木真也代理戦争に


AbemaTV「格闘代理戦争3rdシーズン 300万円トーナメント準決勝」
2018年12月1日(土) 東京・フジテレビ湾岸スタジオ
新旧のトップ選手が未来のエースの原石を発掘し争わせるAbemaTV主催「格闘代理戦争」。9月に始まった3rdシーズンでは女子MMAを舞台に、ONE Championshipとのプロ契約(契約金1000万円)と300万円の優勝賞金が争われる。8選手によるトーナメントの一回戦が10月27日の生放送で行われた。今回は準決勝戦となる。過去の番組と試合映像はAbemaTVのサイトで視聴できる。

準決勝第1試合 5分2R
×あい(KRAZY BEE/KRAZY BEE推薦)
○古瀬美月(Y&K MMA ACADEMY/青木真也推薦)
1R 4’49” 腕ひしぎ十字固め

古瀬もあいも一回戦は1Rに腕ひしぎ十字固めで一本勝ちした点では共通する。レスリング世界学生選手権3位の実績のあるあいの方が下馬評が上だったが、古瀬が青木直伝の関節技で覆すことに。
1R、あいが右フックを当てて押し込むが、古瀬は背後に回りつつ、下に落ちながら腕十字を狙う。あいは外し、パウンドを落とすが、下から古瀬は腕十字を執拗に狙い続ける。あいは3分過ぎにハーフガードになり、マウントを狙いつつ、パウンドを当てる。

残り1分、古瀬はクロスガードに戻し、三角絞めを仕掛ける。古瀬はそこから足を入れ替えて腕十字に移行し、あいが持ち上げて外そうとするが、腕が伸びたところで高本レフェリーがストップした。あいはストップに少し不満げだったが、試合はあくまでアマチュアのカテゴリーのため、安全に配慮すれば妥当な判断だろう。

勝利の直後、古瀬はセコンドの青木と抱き合って大喜び。古瀬は泣きながら勝利者インタビューを受け「こんな大きい会場で、大勢の人の前でこうやって勝って、自分を表現できて凄くうれしいです。家族とか青木さんとかのおかげです。決勝も辛いと思いますけど、一生懸命戦っている姿を見せて、みんなに勇気を与える存在になりたいです」と話した。続けて「言いたいことがあって。ラッキーでした」と話し、あいが準決勝決定直後に言った「ラッキーです」という言葉を、勝ってそのままお返しした。


コメントをお願いします

avatar
  Subscribe  
のお知らせ